気になる話題

カナル型とインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンの音質の違い!どっちがいいの?

Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」の新商品が発表されました。

10月18日より注文を開始し、10月26日にはもう発売とあって、話題を呼んでいます。

今回の”第3世代”となるAirPodsは、従来のAirPods同様に「インナーイヤー型」が採用されています。

デザインは「カナル型」であるAirPods Proに似ていますので、どっちにしようか悩んでいるという方も多いようです。

今回は、音楽好きの私が音質をテーマにカナル型、インナーイヤー型の違いを紹介していきます。

結局、カナル型のAirPods Proとインナーイヤー型の第3世代AirPods、どっちが良いのでしょうか?

カナル型とインナーイヤー型の音質の違いは感じられる?

定番となっている”カナル型”とiPhoneの純正イヤホンとしても知られる”インナーイヤー型”のイヤホン。

果たして音質が良いのはどっちなのでしょうか?

また、音質の違いは感じられるものなのでしょうか?

カナル型のメリット・デメリットと音質

まずは、イヤホンの中では定番とも言える”カナル型”について詳しく紹介していきます。

カナル型イヤホンは、イヤーピースを耳の穴に耳栓のように詰め込んで使用します。

しっかりとフィットする分外れにくく、ランニングなどの運動にも適しているとされています。

耳への負担は大きく、長時間使用することで、頭痛を感じる人、痛みを覚える人、耳に疲れを感じる人もいるのがデメリットです。

とにかく遮音性に優れているので、周りの音は聴こえにくく、逆に危ないという声もあります。

しかし、音質の面ではメリットに働きます。

周りの雑音等はほとんど聞こえず、音楽のみが直接耳に届きます。

低音や細かい音までしっかりと届くので、インナーイヤー型よりもカナル型の方が音質が良いとされている傾向にあります。

インナーイヤー型のメリット・デメリットと音質

次に、AirPodsやEarPods(iPhoneの純正イヤホン)にも採用されている”インナーイヤー型”について詳しく紹介していきます。

インナーイヤー型イヤホンは、耳介にはめ込むようにして使用するタイプのイヤホンです。

カナル型の方が一般的ではありますが、iPhoneの純正イヤホンでもあるため、利用している人も多いです。

インナーイヤー型最大のメリットは、耳への負担が少ないことです。

また、遮音性が高くないので音漏れはデメリットになりますが、その分周りの音が聞こえやすく外出先で安全に使用できると言えます。

”音”1つ1つを捉えるとカナル型に及びませんが、インナーイヤー型は空間表現力の高さがあり、広い野外やライブ会場で聴くような空気感を味わえる音質です。

カナル型・インナーイヤー型の音質のみを徹底比較

「音楽」を「高音質」で聴きたいという人は、圧倒的にカナル型のイヤホンをおすすめします。

”音の質”という点で見ると、遮音性が高く、聴こえてくる音の邪魔をしないカナル型に軍配があがります。

しかし、余程耳の良い人でない限り、その音質に気付かないケースも多々あると思います。

逆に、臨場感溢れるインナーイヤー型の音質の方が聞き心地が良いと感じることもあり、好みもあります。

私は元々音楽関係の勉強をしており、今も趣味とは言え音楽活動をしているので、耳が悪い方ではないと自負しているのですが、、、

正直言って、カナル型とインナーイヤー型の音質の違いを大きく感じることはありません。

カナル型にしろ、インナーイヤー型にしろ、そのイヤホンの性能の方が大きく音質を左右するのではないかと思います。

今やイヤホンは100均でも買える時代です。

カナル型の音質が良いとは言え、100均のカナル型イヤホンとインナーイヤー型のAirPods Proの音質を比べると、やはりAirPods Proに軍配があがります。

イヤホン選びは、「音質」も大切ですが、つけ心地や使用感、性能も大きく関わってきます。

Appleで買うよりも、楽天市場の方が、3,000~4,000円ほどお得です♪

安いお買い物ではないので、ポイントも付く楽天市場での購入がおすすめですよ!

最近では電車内などで、YouTubeやVODの動画を再生している人も良く見かけますが、そういった使い方であれば、とくに音質を気にしなくてもいいかもしれません。

Sponsored Link

カナル型のAirPods Proとインナーイヤー型の第3世代AirPodsはどっちがいい?

ワイヤレスイヤホンの中でも人気な「AirPods Pro」と「第3世代 AirPods」はどっちがいいのでしょうか?

まず、注目したいのはイヤホンのタイプです。

先述の通り、AirPods Proはカナル型、第3世代 AirPodsはインナーイヤー型です。

AirPods Proは2019年に発売されたモデルで、第3世代 AirPodsは下位モデルとは言え、2021年10月発売の新モデルです。

両者を比較すると、どっちが良いのでしょうか?

まずは、連続再生時間での比較です。

カナル型のAirPods Proの連続再生時間は最大4.5時間

インナーイヤー型の第3世代 AirPodsの連続再生時間は最大6時間です。

1回の充電で6時間使用できるので、1日余裕で持ちますね♪

また、AirPods Proには「アクティブノイズキャンセリング」と「外部音取り込みモード」がついています。

カナル型の遮音性を踏まえた機能となるので、個人的には不要と考え、

より値段の安い第3世代 AirPodsがおすすめです。

Sponsored Link

カナル型とインナーイヤー型の音質の違い どっちがいい?まとめ

結局のところ、使用するワイヤレスイヤホンの性能に依存する部分が大きいため、音質の違いを気にするのであれば、”カナル型”かつ”より高性能なワイヤレスイヤホン”を選ぶのが良いと思います。

人気のAirPods Proを抑えて、人気ランキング1位に君臨するワイヤレスイヤホンです。

カナル型の高性能ワイヤレスイヤホンで、音質の良さを体感できます。

当記事を読んで、音質の違いよりも使用感を…と思うのであれば、インナーイヤー型の方が安全かつ安心して使えると思いますよ♪

メリット・デメリットがあり、音質も違うものを正しく判断するのはなかなか難しいですが、一意見として参考にしていただけると幸いです。